ここ4日間の辛かったうつ経験を書きなぐる【寝るしかできない、寝るだけも辛い】

こんにちは!かずきです。

うつ病で休職3カ月目のぼくですが、最近は休職当初よりは良くなっているものの、調子の上がり下がりが激しいです。

調子の良いときは外出もふつうにできるのですが、悪いときは寝たきりでご飯、トイレ以外は何もできません。ご飯を食べたくないときもあります。

ここ4日間は、とにかく調子が悪く、寝たきりでした。辛い、辛い&辛いといった感じ。

やっと、ブログが書けるくらいに回復してきたので、この辛い経験を記録しておこうと思います。

寝るしかできない、寝るだけも辛い

調子の悪い時期は急にやってきました。調子が悪くなる前日は乗馬したり、ピアノ弾いたりなど、活動できていたのに、急に動けなくなりました。

急に電池が切れたような感じです。こうなると本当に何もできません。風呂も洗濯も外に出ることも。音楽聴いたり、アニメ見たりすらできません。雑音に聴こえてしまいます。ただただベッドに横たわるしかありませんでした。

うつで動けず寝ているしかできない時間が続くと、ぼくは寝ることさえ苦痛になります。 寝ることさえ辛いです。

浅い眠りを繰り返して頻繁に夢を見ます。しかも、悪夢が多い。

ずっと寝ているので、体のあちこちが痛くなります。

そして、日中も寝ているので、生活リズムはぐちゃぐちゃです。最悪です。

フラフラながらもなんとかメンタルクリニックへ

このクソ調子の悪い中、メンタルクリニックの予約日だったので、フラフラしながらもなんとかクリニックへたどり着きました。

数日お風呂に入ってませんが、行くだけで精一杯です。何も食べれてなかったし、本当にフラフラでした。

傷病手当や自立支援の書類を先生にお願いする予定だったのですが、それもできず。先生にも辛くてしっかりお話もできず。

薬も1種類増えました。

受診後は即家に帰り、ベッドにバタンキュー。再びベッドの上で死んでしまいます。

いつもは受診後に職場に今の状況を連絡していたのですが、それもできず。

馬たちにも会いに行けない

ぼくは乗馬が趣味で馬が大好きです。馬からは元気と癒しをもらっています。この病気の治療にも馬たちは良い影響を与えてくれています。

ちょっと調子が悪くても、馬に会いに行くためなら、外出できていました。

しかし、今回は「明日は馬に会いに行くぞ!」と思っても、翌日、会いに行くことはできませんでした。

これはぼくとしては、なかなかに調子の悪さが深刻だなと思いました。

一人暮らしなので、リアルではそばにいてくれる人がいない、吐き出せる人がいない

ずっと動けない状態が続くと、人と接しないので、とても寂しいです。精神的にかなり辛いです。

ご結婚されている方が本当にうらやましいです。

そんな中でツイッターのみなさんからの暖かい言葉に涙

ぼくがこんなツイートをしました。

すると、61件もの暖かい言葉、6件のリツイート、437件ものいいねをいただきました。

みなさんの暖かい言葉のほんの一部です↓

まさか、自分の辛い気持ち、寂しい気持ちを吐き出したツイートにこんなにも多く、みなさんから暖かい言葉をいただけるとは思いませんでした。

思わず、泣いてしまいました。

↓こんなきれいな写真を送って下さる方も。

本当はみなさんに1件ずつお返事をするところですが、辛くて返せませんでした。でも、「読んでくれるだけでいい。返信いらないよ」と言って下さる方もいらっしゃいました。

本当にツイッターの皆さんには感謝です。ありがとうございます。

そして、ようやく長い暗闇のトンネルに光が

何もできずベッドで過ごすこと4日。

やっと復調の気配が。それは大好きな横浜DeNAベイスターズの試合中継を見れたことでした。

そして、この記事を書く前は予約していた美容院に行って髪を切ることもできました。

明日は乗馬の予定なのですが、今度は牧場に馬たちに会いに行けそうです。

調子が悪くなったときの対策

対策は今のところありません。どうすればいいか分かりません。知っている方がいれば教えて下さい。

メンタルクリニックの先生からは今は調子が良くなったり悪くなったりする時期。時間が経てばこの調子の上がり下がりが無くなってきて、ふつうに動ける日が増えてくるはずだから、焦らないで、と言われています。

なので、まだ調子が悪くなることも大いにあると思って、調子が悪くなったときには大人しく寝て動けるようになるのを待つしかないのかなと思います。これも辛いですが。

でも、先生の言うように、薬をきちんと飲んでいれば、後は時間が解決してくれると信じるしかないと思っています。

まとめ

今回の落ち込みは本当に辛かったので、記事にしました。

これであとから自分で見返せるし、健常者の方にもうつ病患者はこんな感じと伝えることができるのかなと思います。

早く病気を克服したいと思いますが、焦らずゆっくりとを心がけていきたいです。

おわり!

 

ブログランキングに参加していますので、よければクリックして応援いただけるとうれしいです!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク