乗馬クラブにジムやメンタルクリニックを併設するのって良くない??

この記事はぼくのあったらいいなあ~という妄想を垂れ流すだけの記事ですww

それは・・・

「ジムやメンタルクリニックを併設した乗馬クラブあったらいいなあ!!」

という妄想です!

そんなん実現無理やで!!とかそーゆーのは置いといて、実現できたらこんないいことあるんじゃない??ということを挙げていきます。

放牧している馬たちを見ながらジムでトレーニングできる

この前、市がやってるトレーニング室のランニングマシンで走ってて思ったんですよ。

「走ってるとき、景色変わらんからつまんねえな」

最近のランニングマシンはテレビ見れたりするものもありますが、市のトレーニング室のランニングマシンはテレビ見れないタイプなんです。

で、つまんねーと思ってるときに、鳥が飛んできたのが窓から見えたんです。

そのとき、ひらめきました!!

「放牧してる馬見ながら走れたら、めっちゃいいやん!!」

ジムの窓ガラスを大きくしたり、ガラス張りの建物にして、ジムの建物を取り囲むように放牧場を作れば、よく馬たちが見れそうです。

こんな感じでトレーニングしつつ、かわいい馬たちが見れたら最高じゃないですか??

ホースセラピーを行える

ホースセラピーとは、乗馬や馬の手入れ、馬の飼養管理、厩舎の管理、馬の観察、触れ合いなどを通じて、障害者や心の病気を持った方々の精神機能と運動機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーションです。

実際、ぼくは現在、うつ病で休職中ですが、乗馬や馬たちと触れ合うことで、癒されたり元気をもらっています。

乗馬は有酸素運動で、ぼくは1回あたり40分乗っているのですが、この記事を書いている7月だと汗だくになります。腹筋、背筋、足の筋肉などをよく使うので、運動機能の回復が期待できます。

また、乗らなくても、お世話をしたり、触れ合うだけでも、精神的な癒し効果があります。ぼくは馬と触れ合ってなかったら、うつ病の回復がもっと遅れていたような気がします。上の写真はぼくが撮ったものですが、上目づかいで見られたら、かわいすぎてたまらないです!

メンタルクリニックでの医師の診察、投薬、カウンセリングに加えて、ホースセラピーも同じ場所で行えるのはとても良いと思います!

乗馬クラブの経営も良くなるんじゃね?乗馬する人が増えたり、もっと馬が身近になるのでは?

これはぼくのイメージなのですが、乗馬クラブって、そこまでガッポリ儲かっているイメージはあまりありません。(もちろん儲けてるところもあると思いますが)

実際、とある観光牧場では牛は牛乳が取れたりお肉になるが、馬はそういったものが取れないから、牛のほうが利益が出る、馬は経営の足を引っ張ると聞いたことがあります。

それに、生き物を扱っている以上、コストもかなりかかるのではないかと思います。

経営が厳しかったり、赤字のクラブも結構あると思います。

ですが、乗馬クラブにジムやメンタルクリニックを併設していれば、ジムやメンタルクリニックに来た人が「ついでに、ちょっと馬でも乗ってみるかな」となるかもしれません。

体験乗馬する人が増えたり、入会する人も増えるのではないでしょうか。

そして、これはぼくの願望ですが、日本人にもっと馬が身近なものになってくれたらいいなと思います。

他にも、レストランとか併設するのもいいかも

実際、クラブハウスにレストランがある乗馬クラブもあって、そのレストランで利益を出して何とかやっているクラブもあるそうです。

以上、ぼくの楽しい妄想でした!

おわり!

 

ブログランキングに参加していますので、よければクリックして応援いただけるとうれしいです!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク